十勝の200年住宅へ

十勝の四季とともに、永く暮らす家。

200年住宅のこと。

200年先のことを確実に言える人はいません。しかし、200年以上経っても使われている住宅は、日本にも世界にもたくさんあります。木造で200年以上使用できることは間違いのないことです。

世界中の古民家には5つの共通点があります。木材の地産地消と乾燥材であること、大きな断面の構造体であること、あと現しと、間面のつくりです。

古民家の材が地球の裏側から運ばれて造られてきたわけがありません。その地の環境に馴染む、近隣の材を使って建てられたからです。だから地元北海道・十勝の木材にこだわり続けます。

十勝の200年住宅へ。HABITA北楽工舎

HABITA北楽工舎について

三澤千代治氏に共感

「地産地消」の家づくり。三澤千代治氏との出会いで、その家づくり哲学に共感。

十勝の200年住宅へ

木造で200年以上使用できることは間違いのないことです。

パンフレット請求

HABITAのパンフレットをご希望の方はこちらから

アースファミリー

あなたも「Earth Family」として地域環境を考えながら進める、 住まいづくりに参加しませんか?