悠空間

悠空間

かつて日本の住まいは現代の住宅とはまた一味違う美しい空間と暮らしの合理性に満ちた快適がありました。
一見無駄とも思える所にも、繊細な工夫と空間の遊びが隠されていたのです。
ちょっと忙しすぎた今の私たち。ほんの少し立ち止まり、振り返り、「悠空間」暮らしについてお話してみませんか。
「悠空間」、そして十勝の家をコンセプトに作られた北楽工舎シリーズ、5パターンをピックアップ。
Flashムービーもご参考ください。

flashサイトを見る
安ら木の家 DOMA in
安ら木の家 DOMA inⅡ
和座(わざ)のある家
光がふくらむ家
悟空な家

絶対的な自信の工法

スーパーメタル工法

住計画FURUTAで絶対的な自信を持って導入している工法「スーパーメタル工法」。この工法は、在来の軸組工法に比べ、金物で部材を連結するというもので、耐久性・耐震強度にすぐれ、構造の狂いもなく長持ちする工法として、1995年の阪神淡路大震災以来、専門家からも高い評価を集めるようになりました。この工法は木材を大きく切り欠く加工はせず、接合金具部分だけを加工するため、丈夫な木材特性がそのまま生かされるのです。更に構造用合板を床に、壁に高強度木質繊維版を使用して、土台、梁、桁と一体化するモノコック構造で、家全体が外力を受けるようになっています。

スーパーメタル工法

スーパーメタルとは

金属は内部構造を構成する最小単位の結晶粒が細かくなるほど強度が増します。スーパーメタルとは、従来の金属よりその結晶粒を細かくした金属を使用した金物です。強度は(財)日本住宅・木材技術センター、日本建築総合試験場などの試験により、金物を使用する木造建築の工法の中で一番強いことが実証されています。